k8s コマンド備忘録

kubeadmインストール

  • Masterノードのインストール

    kubeadm init

  • 失敗して情報を削除する
    kubeadm reset

k8sコマンド

とりあえず情報を表示

kubectl get all –allnamespaces o wide

 

ノードの情報を表示

kubectl get nodes o wide

 

labelが{“app”: “test”}なPosを表示

kubectl get pods l app=test

 

yamlに記載のものをk8s内に作成する

kubectl create -f test-service.yaml

 

yamlに記載のものをk8s内から削除する

kubectl delete -f test-service.yaml

 

testpodからwww.google.comにpingを2回送信する。

kubectl exec -it testpod — ping -c 2 www.google.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA