Ubuntu 18.04 基本設定/作業

Ubuntu 18.04 Bionic Beaver をインストールして基本的な設定をしたのでメモ
Liveイメージを使用してインストール

Hostnameの変更

デフォルトの設定だとHostnameの変更ができないようになっているので、まずその設定を解除
ファイルは、/etc/cloud/cloud.cfg
変更箇所は

preserve_hostname: false

この値をtrueにする。

preserve_hostname: true

その後hostnamectlコマンドで変更可能。

hostnamectl set-hostname test-prometheus

固定IPの設定

設定ファイルは、/etc/netplan/の配下にファイルを作成。/etc/netplan/50-cloud-init.yamlなどの不要なほかのファイルが有れば、削除し、大きい数字を先頭につけてファイルを作成。


例は
– IP: 192.168.10.100/24
– GW: 192.168.10.1
の場合で、ファイル名は/etc/netplan/90-user-config.yaml

network:
    ethernets:
        ens160:
            addresses:
            - 192.168.10.100/24
            gateway4: 192.168.10.1
            optional: true
    version: 2

変更の適用

sudo netplan apply

静的ルートの設定

設定ファイルは固定IPと同じで、/etc/netplan/90-user-config.yaml
例は
– ネットワーク: 192.168.20.0/24 via 192.168.10.10
を設定。
ipコマンドだと以下と同じ

ip route add 192.168.20.0/24 via 192.168.10.10
network:
    ethernets:
        ens160:
            addresses:
            - 192.168.10.100/24
            gateway4: 192.168.10.1
            optional: true
            routes:
            - to: 192.168.20.0/24
              via: 192.168.10.10
    version: 2

変更の適用

sudo netplan apply

外部DNSサーバの設定

/etc/systemd/resolved.confを設定する

#  This file is part of systemd.
#
#  systemd is free software; you can redistribute it and/or modify it
#  under the terms of the GNU Lesser General Public License as published by
#  the Free Software Foundation; either version 2.1 of the License, or
#  (at your option) any later version.
#
# Entries in this file show the compile time defaults.
# You can change settings by editing this file.
# Defaults can be restored by simply deleting this file.
#
# See resolved.conf(5) for details

[Resolve]
DNS=192.168.10.1
#FallbackDNS=
Domains=test.local
#LLMNR=no
#MulticastDNS=no
#DNSSEC=no
#Cache=yes
#DNSStubListener=yes

ローカルのDNSサーバ

DNSのキャッシュをクリアする。

sudo systemd-resolve --flush-caches

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA