Ubuntu18.04にアップグレードしたらcorednsがクラッシュする件

Ubuntu16.04をUbuntu18.04にアップグレードしたらその上で動いていたcorednsが動かなくなった。その時のワークアラウンドのメモ。

アップグレード後のPodの状態

下記の通り、coredns がRestartし始める。

$ kubectl get pod -A -l k8s-app=kube-dns
NAMESPACE     NAME                       READY   STATUS             RESTARTS   AGE
kube-system   coredns-66bff467f8-26zvc   0/1     CrashLoopBackOff   8          7m17s
kube-system   coredns-66bff467f8-jn99c   0/1     CrashLoopBackOff   6          7m17s

ログを見てみるとDNSのルックアップがループしている的なコメントが。

$ kubectl -n kube-system logs -f coredns-66bff467f8-jn99c
.:53
[INFO] plugin/reload: Running configuration MD5 = 4e235fcc3696966e76816bcd9034ebc7
CoreDNS-1.6.7
linux/amd64, go1.13.6, da7f65b
[FATAL] plugin/loop: Loop (127.0.0.1:35197 -> :53) detected for zone ".", see https://coredns.io/plugins/loop#troubleshooting. Query: "HINFO 7248960742876715166.6460750388055986840."

実際の設定ファイルを確認すると

$ kubectl -n kube-system get configmap coredns -o jsonpath={.data.Corefile}
.:53 {
    errors
    health {
       lameduck 5s
    }
    ready
    kubernetes cluster.local in-addr.arpa ip6.arpa {
       pods insecure
       fallthrough in-addr.arpa ip6.arpa
       ttl 30
    }
    prometheus :9153
    forward . /etc/resolv.conf
    cache 30
    loop
    reload
    loadbalance
}

/etc/resolv.confを参照して転送していることがわかる。kubeletがcorednsコンテナを立てるときに、host側の/etc/resolv.confをコピーしているので、ノードの/etc/resolv.confを確認するとsystemd-resolvedを使い始めたことにより、転送が自身に向いていることがわかる。ホスト側であれば、systemd-resolvedが別のDNSに転送するのだが、CoreDNSではループしてしまうことが問題。

$ cat /etc/resolv.conf
# Dynamic resolv.conf(5) file for glibc resolver(3) generated by resolvconf(8)
#     DO NOT EDIT THIS FILE BY HAND -- YOUR CHANGES WILL BE OVERWRITTEN
# 127.0.0.53 is the systemd-resolved stub resolver.
# run "systemd-resolve --status" to see details about the actual nameservers.

nameserver 127.0.0.53
search corp.local

ワークアラウンド

これらを回避するためにノードの/var/lib/kubelet/config.yamlresolvConf: "/run/systemd/resolve/resolv.conf"を下記のように追加する。

$ sudo cat /var/lib/kubelet/config.yaml
apiVersion: kubelet.config.k8s.io/v1beta1
authentication:
  anonymous:
    enabled: false
  webhook:
    cacheTTL: 0s
    enabled: true
  x509:
    clientCAFile: /etc/kubernetes/pki/ca.crt
authorization:
  mode: Webhook
  webhook:
    cacheAuthorizedTTL: 0s
    cacheUnauthorizedTTL: 0s
clusterDNS:
- 10.96.0.10
clusterDomain: cluster.local
cpuManagerReconcilePeriod: 0s
evictionPressureTransitionPeriod: 0s
fileCheckFrequency: 0s
healthzBindAddress: 127.0.0.1
healthzPort: 10248
httpCheckFrequency: 0s
imageMinimumGCAge: 0s
kind: KubeletConfiguration
nodeStatusReportFrequency: 0s
nodeStatusUpdateFrequency: 0s
rotateCertificates: true
runtimeRequestTimeout: 0s
staticPodPath: /etc/kubernetes/manifests
streamingConnectionIdleTimeout: 0s
syncFrequency: 0s
volumeStatsAggPeriod: 0s
resolvConf: "/run/systemd/resolve/resolv.conf"

その後、kubeletを再起動して、corednsを再スケジューリングすると問題が治る。

$ sudo systemctl restart kubelet
$ kubectl -n kube-system delete pod -l k8s-app=kube-dns
$ kubectl -n kube-system get pod -l k8s-app=kube-dns
NAME                       READY   STATUS    RESTARTS   AGE
coredns-66bff467f8-4rxwp   1/1     Running   0          23s
coredns-66bff467f8-gbhwd   1/1     Running   0          23s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください