Google Container Engine(GKE) でクラスタを作る

gcloud SDKをインストール

ここからgcloudをインストール

Projectを作成する

ユニークなproject-idのプロジェクトを作成する

$ gcloud projects create <project-id>

作業Projectを変更

作業プロジェクトを先程作ったものに変更

$ gcloud config set core/project <project-id>

k8s クラスタを作成

リージョン/ゾーンはここのページを参照

またk8s APIを有効化する必要があるため、このページで有効化する

最小構成でクラスタを作成する

$ gcloud container clusters create -z asia-northeast1-a --image-type UBUNTU --node-version 1.9.2-gke.1 --machine-type f1-micro --cluster-version 1.9.2-gke.1 --enable-network-policy <cluster-name>

kubectlでクラスタを操作するために、認証情報を以下のように作成する。

$ gcloud container clusters get-credentials -z asia-northeast1-a <cluster-name>

これでノードが作成されているので、kubectl get nodeで状態を確認できます。

k8s コマンド備忘録

kubeadmインストール

  • Masterノードのインストール

    kubeadm init

  • 失敗して情報を削除する
    kubeadm reset

k8sコマンド

とりあえず情報を表示

kubectl get all –allnamespaces o wide

 

ノードの情報を表示

kubectl get nodes o wide

 

labelが{“app”: “test”}なPosを表示

kubectl get pods l app=test

 

yamlに記載のものをk8s内に作成する

kubectl create -f test-service.yaml

 

yamlに記載のものをk8s内から削除する

kubectl delete -f test-service.yaml

 

testpodからwww.google.comにpingを2回送信する。

kubectl exec -it testpod — ping -c 2 www.google.com